健康保険

健康保険による施術

現在、整骨院に対する健康保険の適用範囲はかなり狭くなっています。基本的に整形外科ではどの症状も健康保険の適用になりますが、整骨院は下記の条件を満たす場合のみ適用されますのでご注意ください。

保険適用される症状は以下の通りです。

  • 捻挫
  • 打撲(打ち身)
  • 肉離れ(挫傷)
  • 骨折のリハビリ(※医師の同意を得る必要あり)

上記のような「ケガ」の治療が健康保険適用範囲となり、なおかつ「2週間以内に発生したもの」になります。また、「首を痛めた」「腰を痛めた」というものも適用される可能性があります。具体例は以下をお読みください。

ちなみに「単純に保険で安く揉んでもらいたい」という方は例外なくお断りさせていただいております。ご了承ください。

健康保険が適用される具体例

基本的に健康保険を使って治療を受けられるかどうかは、保険組合が判断します。どのような基準で判断されるのかは次の通りです。

  1. いつ
  2. どこで
  3. 何をして
  4. どのように痛めたか

このように、かなり具体的な部分まで理由を求められます。逆に、上記の項目が明確にわかれば問題なく健康保険は適用されます。

健康保険が使える事例

整骨院で健康保険が適用される具体例は以下のようになります。

首や肩を痛めた場合

  • ○月○日に自宅ベッドから起き上がろうとした際、首に強い痛みが発生した
  • ○月○日に外出時、後ろから話しかけられ、振り向いた際に首を負傷
  • ○月○日に洗濯物を干そうと腕を挙げた際に肩を負傷首が痛いなとずっと感じていたが、
  • ○月○日に上を向こうとした際、さらに痛みが悪化した

腰を痛めた場合

  • ○月○日に起床後、洗面台で顔を洗おうとした際に腰を負傷
  • ○月○日に自宅で重たいものを持ち上げようとした際に腰を負傷
  • ○月○日に職場で長時間イスに座っていて、立ち上がろうとした際に負傷
  • 腰が痛いなとずっと感じていたが、○月○日に自宅の玄関から外に出ようとした際、さらに痛みが悪化した

健康保険の治療内容

治療内容はケガの状態により異なります。捻挫・打撲・肉離れなどのケガは、受傷直後であればアイシングや超音波治療・テーピングなどを行います。

治療時間はケガの状態によりますが手技療法5〜10分程度、機械による治療が10分程度となっています。

急性期を過ぎた状態であれば患部の可動域を広げる手技療法を組み合わせて行います。

骨折のリハビリ

骨折部分に超音波を当てていきます。

弱い刺激なので患部の痛みは全くないのでご安心ください。ただ固定しているよりも、4倍の速さで骨癒合する治療なので、整形外科と当院の治療を上手く併用して回復させていきましょう。

健康保険と自費診療の違い

よくある質問に「健康保険と自費診療の違いがわからない」というものがあります。これは、下記の図のように施術できる範囲や内容に差が出ます。

もし、施術内容を質を重視して早期回復を目指すのであれば自費診療がいいです。一方で、患部のみの処置で問題ない症状であれば健康保険を使った施術でいいとい思います。

料金

予約

当院では基本的に完全予約制になっております。また、健康保険を希望の患者様はお電話のみ受付させていただきます。

当日の直前でのお問い合わせでも大丈夫ですので、お気軽に下記番号までお電話ください。

アクセス



 

【 近隣駐車場情報 】 

※当院は完全予約制でベッド3台待合室3席になり、たとえ混雑しても密集状態になることはありません。入口すぐに消毒液もあるため衛生環境への対策も徹底しております。ご安心下さい。